<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私の夢

若いころは、早く結婚して、子供は3人くらいほしい・・・とづっと思いつつ、
なかなか結婚には縁がなく、それならそれで、じゃ、仕事をがんばろう!
と思い30代は、一生懸命、自分なりに仕事をして、自分なりのキャリア・
ゴール(と言っても、自分に甘いのでレベルはそう高くはない)もそれなりに
達成できて、いろいろな経験もでき、お金もある程度、自由に使って、買い物も
いっぱい楽しんだし、海外旅行も楽しんだ。  

何より、子供のころからいつも自分に自信がなく、心の中での葛藤に苦しんでいた
自分が、30代半ばを過ぎて仕事を通じて、自分に自信というか納得ができるように
なった。  だから20代半ばでもし、誰かと結婚していたら、自信のない自分の
ままだったかもしれない。

相手が必要な恋愛や結婚は、自分の努力だけでは成し得ない縁がないと、
どうにもならい。  適齢期に結婚して子供に恵まれてる人が羨ましいと思った。  
でもこれだけは、がんばりようがなく、30代後半にもなると、あーもう子供は
産めないのかなぁ~ 子供の前に、この人と自分の子供が産みたい!
と思える相手に出会って結婚するには、最低でも1-2年かかるし、もう無理だな
と思っていたし、淋しさを感じながらもひとりの人生が、きっと私の人生なんだろう
と思い始めていた。

つづき・・・
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-30 22:11 | Comments(3)

最近のアマンダさん

おとといの21日で、1歳10ヶ月になったアマンダ。  最近、また新しい歯が生え始めて、
たぶん糸切り歯、上・下それぞれ8本づつ計16本になった。  体重は22ポンド
になった。(10キロ強)。

言葉は、相変わらず文章で喋ることはないけれど、だいぶ私の言っていることは
わかるみたい。  最近はゴミをゴミ箱の捨てるのが好き。  ポイポイしてきて!と
言うと、喜びいさんでゴミ箱にまっしぐら。  赤ちゃんの真似をしてうーうーとか
あーあーと言ったり。  それから、私が嫌がることを面白がってわざとやる。
私が横になってテレビとかみていると、私に向かって倒れこんできて、頭をグイグイ
私の顔に押し付けてくる。  痛いからやめてよーと言うと、笑いながらさらに
グイグイやってくる。  もう力も強く、結構マジに痛い。  走るのもかなり早い。

ABCにも興味があるみたいで、おばあちゃんがくれたABCの布製の本を持ってきて
何度も指差すし、壁にはってあるABCのキルトの絵を指差してアップルとか、ワンワン
とか言っている。  ABCの歌も大好きだし。  ABCの前にあいうえおを教えなければ。。。
今度、日本に帰ったら、ひらがなの本を探そうと思っている。

妹がくれたミッキーマウスのキューブ型のパズルも最近では、すぐ出来るように
なった。  こんちわと言うと、おじぎをする。  さようならもごめんなさいも
全部同じおじぎになってるけど・・・

1歳半をすぎたころから、急速にいろいろな事がわかりはじめたような成長ぶり
とアレッというようなやおもしろい行動やアマンダの可愛いしぐさにリックも私も、
ついつい目を細めてしまうのです。
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-23 07:59 | Comments(4)
もうすぐ日本へ里帰りするので、パスポートやら、日本で使うお財布や

日本の銀行のカードなんかを用意していたら、お財布の中に2万円も!

日本円が入っていた。  次回の日本行きのために、いつも、日本に着いて

成田から自宅までの電車賃くらいしか残しておかないので、まぁあっても

5千円くらい?と思っていたら、2万円も入っていたので、なんだか得した

気分でうれしかった~  ちょっと単純すぎかな。。。(笑)
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-22 18:24 | Comments(1)
まだアマンダが生まれる前に、リックと二人でコスコで買い物をしていた時に、

80歳代くらいの年老いた夫婦が二人仲良く手をつなぎながら買い物をしていた。

おじいちゃんは白人で、おばあちゃんが日系人のご夫婦。

リックが自分たちと同じ組み合わせのその二人をみて、僕たちも年取ったら

あんな感じかなぁ・・・と言った。  そうだね。。。と私も答えた。

リックはどういう意味で言ったのか未だによくわからないけど、

なんだかちょっと嬉しかった。  ふと今日、思い出してしまった。
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-19 00:04 | Comments(2)
今日は、2005年度Tax Returnの締め切りの日だった。  日本でいう年末調整だ。
アメリカは日本と違って個人個人でやらないといけない。  まぁ日本でも自営業の人は
自分で確定申告するけど、こちらでは、どんな大企業に勤めていても会社はやってくれ
ません。

コンピューターに必要事項を入力して自力でやるか、会計事務所に頼んで
やってもらうかどちらかなんだけど、リックは結婚前からプロの人に頼んでいたので
そのまま今回もお願いした。 どうせやらなくちゃいけない事なら、さっさと済ませて
しまいたい性格の私は、早くからいろいろな書類を準備しておくのに、リックが
なかなかアポを入れずに、いつもぎりぎり、最後はドタバタ。  

去年は、間に合わず、間に合いそうもなければ事前に延長手続きをすることが
できるので、それを申請した。  今年は、そういうことがないように煩いくらいに
早く!早く!と言っていたのに、結局、また書類をだすのが遅く、会計事務所の人が
イースターの週末の土日を使って書類を作ってくれて、昨日はリックも仕事だったし、
今日は私が仕事のため結局、昨日の夜7時ごろワイメアの会計事務所の書類を
取りに行って、今朝、無事に郵便局で投函を済ませた。  今回もまたドタバタ。
ホントに、まったくどうして、いつもこうなんだろう・・・とリックにブチ切れ。

去年はソーラーを家に付けたので、その分の税金がハワイ州から1900ドルくらいと
フェデラル(日本でいうと国税かな?)が170ドルくらい戻ってくることになった。
・・・けど、ソーラーのローンがまだ1300ドルくらい残っているので、それを
払い、今回の書類作成費用が200ドルだったので結局、残りは500ドルくらい。
まぁ、ないよりマシか~  来年は、がんばって自分でやるか~ できるかな・・??
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-17 23:00 | Comments(4)

今日はイースター

今日の午前中は、リックもイースター・ブランチで仕事へ行ってしまったので、
私もアマンダを連れて、ヒルトンホテルでやっていたエッグ・ハンティングに行ってきた。 
といってもタマゴ探しはすでに終わっていたので、いろいろなゲームをしたり
(アマンダは小さすぎて参加できず、輪投げとか結局、私がやりました。)、
ウサギの着ぐるみをきた人がいたり、いろいろなおもちゃやシールをもらったりして、
なかなか楽しかった。

アマンダは小さい子供がいる所が好きなので、キョロキョロしながら自分と同じような
背格好の子供に近寄って、手を振ってみたり、着ぐるみのウサギさんが近寄ってくると
怖かったのか、後ずさりして私にしがみついてました。  

そのあと、リックのところにちょっと寄って、あまりジャマをしてはいけないので、
美味しそうなご馳走を横目でみながら、さっさと退散。 その後、日本庭園の鯉を眺め、
イルカの池をみたり、熱帯魚をみたり、とにかくホテル中を歩きまわった。 アマンダ楽しかった
かなぁ~??  帰りの車の中ではすっかりお休み。

写真を撮ろうと思ったら、デジカメの調子が悪い・・・というか電源をいれてもレンズが
でてこない。。。。 車のミラーに続きカメラも???  今のところミラーはガム・テープ
でくっつけて鏡なしで走ってます。  あーあ、なんか災難つづきかも。
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-16 14:58 | Comments(4)

アメリカ人の家族

アメリカ人の家族や家庭に対する価値観や思いは、日本人と少し違うところがある。
博愛主義が根付いているせいだと思う。  

以前、リックのすぐ上のお兄さん家族がハワイ島に遊びに来ていたときに、
お兄さんの友達家族も遊びに来ていた。  友達家族は、お父さんがアメリカ人で
お母さんが日系人で、7歳くらいの男の子と5歳くらいの女の子のがいた。  

二人ともハーフっぽい顔立ちだったので、 私もてっきりご夫婦のお子さんだと思っていたら、
男の子のほうが、アマンダに、アマンダもアダプトされたの?(養子なの?)と聞いてきた。  
もちろんアマンダは、喋れないし答えられない。  私が返事をする前に、お母さんが
すかさず、アマンダはリックとトモコの子供で、養子じゃないのよ・・・と
説明していた。  二人とも、自分達が養子だということを、ちゃんとわかっていた。
けっこう、驚いたけど、こんなに小さくてももうちゃんとわかっているんだ・・と思った。

実際、リックのすぐ上のお兄さんのところも子供に恵まれず、女の子を養子にしている。
彼女はもう11歳だけれども、やっぱりそのことを知っていて、去年だったか産みの親
にも会っている。  

日本は、アメリカに比べたら養子をもらって育てる人の数って比較にならないほど
少ないんじゃないかなと思う。  日本人は血筋に拘りがあるからだと思う。
それに養子であることを子供のうちに子供に教えるということもあまり聞いたことがない。

ホテルで仕事をしていると、いろいろな家族連れを見かける。  両親とも白人なのに
二人の子供は黒人だったり、ひとりの子供がアジア系で、もうひとりが白人の子供
だったり。  でもみんなひとつの家族となって楽しそうにしている。  

私は、結婚が遅かったから、もし子供に恵まれなかったとしても、養子をもらって育てる
という選択はまったくなかった。  そんな大きな責任背負えないと思ったからだ。
私には出来ないことだけど、こういうところは、アメリカ人ってすごいなぁ・・・と尊敬して
しまうのです。
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-16 14:15 | Comments(2)

Happy Easter!

イースターと言っても、日本人の私には今ひとつピンとこないアメリカの祝日。
一昨日リックが、イースターチューリップだよと言ってかわいいオレンジ色の
チューリップをくれました。  
e0033156_8433581.jpg


スーパーにはエッグ・ハンティング用のグッズやら、お菓子やらイースターのコーナーが
設けられる。  タマゴに色々な絵を描いたり色を塗ったりして、それをいろいろなところに
隠して子供達がそれを探して遊ぶみたいです。 先日、リックのお母さんから
アマンダ宛てにHappy Easterのカードと、うさぎのぬいぐるみとTシャツが送られて
きた。

アマンダもプリ・スクールに行き始めるとこういったイベントに参加するんだろうけど、
そもそも私は、これが何に由来するイベントなのか、よくわかりません。 あしからず。。。
e0033156_8461620.jpg

[PR]
by kohalacoast | 2006-04-14 08:25 | Comments(4)

やってもうた。。。。。

ガギガギーという音とともに、車の右側ミラーが見事にもげた。  
あーあ、またやっちまったよー。  昨日、ビーチに行って帰ってきてガレージに
車をいれて、あ、ちょっと寄せすぎたかなと思って入れなおそうとしてバックしたら、
ぶつけてしまった。  余計なことするんじゃなかった(涙)

あーもーショック。 と思った瞬間に修理代はいったいおいくら?? 
$$$マークが頭をよぎって、里帰りを控えて、あーこれで日本でのおこづかいが
減ってしまうじゃないの~

つづきは・・・
[PR]
by kohalacoast | 2006-04-09 15:57 | Comments(4)

ママ友

アマンダを出産するまでは、ママ友なんて考えたこともなかった。  
日本では、子供の公園デビューはどうしたらいいのか、とかママ友ができないとか
そういう話を話題のひとつとして聞いたことはあったけれど。  

ハワイ島、とくにコハラコースト地区には、日本人のご家族や国際結婚した
日本人ママが思ったより沢山いて、人伝に紹介してもらったり、一度友達になると、
その友達がまた他の友達を紹介してくれたりで、私も仲間に入れてもらって
アマンダと一緒に楽しく交際させてもらっている。  海外という状況から、
みんな気軽に立ち寄れる実家がないせいか、みんなでお互いに協力して、
どうしてもという時などお互い子守をしたり、育児の相談したりとか、妊婦さんで
つわりがちょっと辛い人には、ちょとしたお惣菜を持っていってあげたり、こっちで
お産をして実家のお母さんなどが、すぐに手伝いに来れない人に、お弁当を作って
もっていったりとか、みんなで助け合っているという感じで、みんな若いのに本当に
良い人たちばかり。

みんなで食べ物を持ち寄って集まって、ママはおしゃべりを楽しめるし、いろいろな
情報交換もできて、子供たちも一緒に遊べて楽しそう。  アマンダはまだ幼稚園にも
行ってないので、小さい子供たちに交わって遊ぶ機会を持つことは大切だし、
いろいろと学べるし、こういうママ友に出会えてすごく良かったと思う。

若い20代ママ、30代ママ達にまぎれ込ませてもらって楽しませてもらってます。  
日本にいたら私のような高齢ママは、仲間に入れてもらえなかったかも・・・(笑)  
みなさん、これからもヨロシクね~
e0033156_19184966.jpg

[PR]
by kohalacoast | 2006-04-01 00:14 | Comments(6)

ハワイ島のスローライフと12歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28