こんな時期ですが・・・

こんな時期ですが・・・
今年も結婚記念日と誕生日を迎えることが出来ました。

リックとの結婚生活8年。
ちょこちょこくだらない喧嘩は山のようにしてきましたが、
リックも私も、あまり深く考えないというか、
根に持たないので、いつの間にかサラっと仲直り。
近頃は、喧嘩してるのに最後は、笑いに変わっていることも多々あり。

どうしてこの人と結婚してしまったんだろう・・・
とか、違う人生があったのかな・・・とか一度も思うこともなく。

私の心は揺るぐことなく、リックと結婚できたことを
心から幸せに思い、これからもずっと一緒に生きていきたい。

(お互い41歳&47歳で結婚したわけだから、
その時点で違う人生があったかどうかなんて
おかしいよね)。


誕生日に結婚したので、そして私もまたひとつ歳を重ね、
とうとう40代最後の49歳になってしまったよ~

29歳のときは、わぁ、30・・・ おばさんだーという思いと
同時に、たぶん私の中では一番感慨深い節目でした。

10代は、まだ子供、学生で親に依存していた年代。
20代は、初めて自分の意思で仕事を決め、
不安で不安で仕方なかった自信のない不確かな自分と
悶々と向き合い、もがきながら働いて自分で稼ぎ、
20半ばでオアフ島へ転勤。

ハワイの大らかな自然、空気、暖かい人達に助けられて、 
初めての1人暮らし&海外暮らしで辛かったこもあったけど、
けれど自分の中の何かが、ほどけて解き放たれたような幸せ感と
充実感を初めて味わった。

そんな頃に、ハワイ島でリックと出会い、オアフとハワイ島で
しばし遠距離恋愛、そして事務所閉鎖、ビザ失効で日本に帰国。 
その後、リックと再び出会い結婚にいたるまでは、また別の機会に。 

とにかく20代は、憧れていた海外生活を自力で叶えて、
大げさだけど自分の力で切り開いた感のある自信を胸に
30歳の誕生日には、そんな20代を振り返り、
私、がんばったなぁとひとりで涙したことを良く覚えている。

30歳になってみれば、あれ、20代より私、余裕あるかも?
ぜんぜん楽しいし、仕事もいい感じ?とちょっと誇らしかったり。

39歳のときは、仕事・キャリア面では、かなり充実も、
あーついに30代で結婚できなかった。 もうダメだ。 
結婚は、もーしかしたら出来るかもしれないけど
まず子供を持つことは、もう無理。
あまり期待せずに自分の人生静かに見つめようと。

けれど40歳になってみると、
″運命の赤い糸″というのがあるのなら、
太平洋を越えて15年の時を経て、
手繰り寄せられるようにリックの元へ
ひっぱられて糸を結んだ。 
そして夢のまた夢のように
アマンダちゃんを授かり、
人生ってこんなこともあるんだな~
というFull of Surprise。 
これまた30代一生懸命がんばってきて良かったなと。

40代は、多くの人が20代、30代で経験する
結婚生活と子育てを私のペースでゆっくり楽しみ、
幸せをかみ締めた。

そして今年、40代最後の一年。
一言で言うなら、クローゼットにしまったままのバーキンを
さりげなく持てるような50代の女性になれたらいいなと
思いつつ自然体で、ゆる~く行ってみようと思ってます。
 
肌の衰えを気にしても仕方ない。
しみや白髪の数を数えても仕方ない。
けれど背筋を伸ばして、しわもしみも気にしない心からの笑顔が
自然と出てくるような、そんな50代にしたいのです。

いつまでもママ、可愛いね~ってアマンダちゃんに言って
もらえるように。 リックとアマンダと家族3人いつも
笑顔でいられるように。

けど、スッピンの私に向って、ママのお顔には、どうしてDots(水玉)が、
あるの~?って。
うるさぁ~い!



日本がこんな凄惨な大災害に見舞われた今、
多くの人々が、これまでの平凡な毎日を、
家族のありがたみをひしひしと感じていると思います。

私もそんな一人。 
改めて自分を見詰めて
深く感謝した。

そんな気持で迎えた大切な記念日の朝でした。


e0033156_7141759.jpg

[PR]
by kohalacoast | 2011-03-28 18:23