格闘終了(ホッ)。

さて、私のDellノートブックのその後の報告です。
時系列でまとめると・・・


先週

月曜日  1回目チャット 遠隔操作中シャットダウン
火曜日  2回目チャット 修理の手続き完了
木曜日  ハワイ島のDell契約修理屋さんから電話があって
     日時を決める。 夕方、テクニカルセンターから
     修理に必要なパーツが届く。
金曜日  朝、Dellカスタマーサポートから電話があり
     パーツが届いたか確認、それから修理屋さんとの
     連絡・予約がちゃんと出来たかを確認して、
     修理後のFollow Upのため、来週、もう一度
     電話をするので、何曜日の何時が都合良いか、
     その約束をした。

     夕方、修理屋さんが時間より30分早く行っても良いかと
     連絡があり、ちゃんと時間通りに到着。 一時間半ほど
     滞在してハードウエアのマザーボード、ヒートシンク&ファン、
     USB&ケーブル、Drive&ケーブルをすべて交換。

今週
水曜日  ちゃんと約束した日時にDellカスタマーサービスから
     電話が入り、修理後のPCの調子、修理した技術者の対応は
     どうだったか等をきちんと確認。

その後、PCも順調、本体も熱くならずシャットダウンもしないし
とっても快適に使えてます。 

正直、私はこのDellの対応・カスタマーサービスにちょっと驚きました。
こんなきちんとしたスムーズな対応を期待していなかったので、
59ドル払っても来てもらって良かったと思えるサービスに
とっても満足。 Extremely Satisfied!!

やれば出来るじゃん、アメリカの会社も!という感じです。
だって、ハワイのサービスは、何時に来ると言っても
時間通り、来たためしないし、平気ですっぽかされるし(苦笑)。
いつもこの手の作業は、すごくストレスになるので。

カスタマーサービスに力入れて顧客維持・獲得を目指す、
IT業界も競争が大変ってことなんでしょうね。 良いことだ~

チャットの相手の名前もインド系と思われるお名前で、
電話をかけてくれた方もインド系と思われる訛りのある英語で、
実際、来てくれた修理屋さん、サムさんもインド系と思われる方でした。
しかも、彼は、本業は、ノースハワイ・ホスピタルでITの
お仕事をしている人でした。 修理はアルバイトだそうです。
今や、IT業界、インド系の優れた人材が沢山いるんですね。

まぁ、買って1年ちょっとで壊れるのもどうかと思うし
壊れないほうが良いに決まってますが・・・
壊れてしまったものは、もう仕方ない、
その後の処理というか対応が大切ですよね。
この点に関しては、まったくストレスフリーでした。

無事、終了で~す♪ パチパチ。
[PR]
by kohalacoast | 2011-05-05 17:33

ハワイ島のスローライフと14歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31