シアトル旅行後記

昔から私は、友達が住む街に遊びに行くのがとっても好きで、
私の好きな人達が、どんな街でどんなふうに暮らしているんだろう・・
どんな風景の中で生活しているんだろうと。

OLのときも、そんなふうにアメリカへ渡った友達のお家を訪ね歩く
ひとり旅をして、今回はひとり旅じゃないけど、ずっと行きたかった
従妹のりかちゃんと25年来の友達まさみさんが住むシアトルへ。
シアトルへは2度目の旅。

りかちゃんは、20代後半のシアトル留学、一度帰国して働いてお金を貯めて
30代半ばで、またシアトルの大学へ戻り、インテリアデザインの勉強を
して卒業。 今では、インテリアデザイナーとして事務所でも働きながら
少しづつ個人でクライアントを持つまでに。

滞在中にも、彼女が手がけたクライアントの邸宅のBefore&Afterの画像を
パソコンで見せてもらって、リックと二人ですごいね~って感激。
もともとリックは、House Hunterとかの番組が好きで私も一緒に
良く観ているので、お家やインテリアを見るのがとっても好き。

留学中に知り合ったブライアンと結婚して幸せに暮らし、
仕事も自分のキャリア・パスをしっかり持ってインテリアデザイナーとしての
道を歩みだしているそんな彼女を嬉しく、そして誇らしく思った。

今までの彼女の辛かった経験や努力をずっと見てきたので、
今回、りかちゃんの充実した幸せな生活に触れることができて、
もちろん、いつも電話やメール、ブログを通して知ってはいたけど、
やっぱりそこに行かないと触れること、感じることのできない空気を
肌で感じて、そんな彼女の幸せな笑顔と
その風景を見ることができて、とっても嬉しかった。

そんな暖かな二人のお家は、とっても居心地が良くって
ステキでした。 住まいって、その人の感性や気持が現れるなって。
e0033156_12121978.jpg

e0033156_1213425.jpg

e0033156_12173520.jpg



こうして旅のあと、遠くにいる大好きな人のことや楽しかったことを
ふと思い浮かべるこういう時間がとっても好きだったりします。
[PR]
by kohalacoast | 2011-06-28 12:13

ハワイ島のスローライフと14歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31