フラコンペの舞台裏

アマンダにとっても、私にとっても初めて経験することばかりで、
フラに限らずこういう習い事の発表会っていうのは、
やっぱり準備が大変なんだなぁ・・と実感。


コンペに出ることを2週間前、突然聞き、練習は先週の月曜に入ってから。
Kahiko(古典)とAuana(現代) とそれぞれ1曲づつ、
どちらも、日ごろからフラショーで踊っている曲ですが、
コンペティションでは、舞台の裾から上がるところから、曲を踊って
下りるところまでとフォーメーションや、フラならではのハワイ語の
ChantやKahea(掛け声)を含めた全体のパフォーマンスに仕上げるので、
最初は、1週間でこれ出来るの?? 結局木曜・金曜と夕方6時から8時まで
と計3回の練習で、総仕上げ。

練習をビデオに撮って毎日、お家で練習。 こういうときiPhoneにして
良かったな・・とつくづく思いました(笑)。

子供なりにみんなすごく集中して、やればなんとか出来るもんです。
改めて子供の記憶力の良さを気づかされました。

何でもそうですが、教え込まなくても、それがすんなりと出来る器用な子と
不器用な子がいますが、アマンダの場合は、練習しないと出来ない不器用タイプ。

耳だけでハワイ語の歌や掛け声を覚えるのが、どうも苦手のようで、
(もちろん私も到底、無理。。苦笑)いつも口をもごもごしていたので、
今回は、今まで適当にやっていたKahea(掛け声)をこの際、しっかりやろうと思い、
まずネットで、ハワイ語の歌詞を調べ、英語の対訳になっているものを
探し、アマンダにこんなことを、この歌で踊っていることを
理解させるところから始めてみました。

今までは、まずは踊りの振りを優先してたので・・・
っていうか、もっと前にこういうことするべきだったんですよね・・。

練習の甲斐もあって、本番では大きな声でKaheaが出来ました。

当日は1時スタートでKeahou集合が朝の9時。
私はまず6時に起きて、3合分のお結びをにぎったり、
おかずやフルーツを用意して、アマンダを起こし、アマンダの
ヘアを小さい三つ編みにいっぱい編んだりして
ご飯を食べさせ自分も身支度して8時に家を出発。

なんでそんなに早くスタートするの・・・と思いましたが、
やることが山のようにありました(笑)。

衣装にアイロンがけ、クムが縫ってくれたパウスカートの紐通し、
髪飾りに使うオーキッドをひとつづつテーピング、そして前日作った
ティ・リーフスカートの葉っぱを更に細かく裂く、髪をキレイに整える、
クムがひとりひとりに髪飾り、レイ、クウぺを着けて、衣装もひとりひとり
キレイに着せてくれたり・・・としているうちにあっと言う間に出番。

たった5人の子供のこういうコンペでも、これだけ手間隙がかかるんだなぁ。。
衣装作りから、すべてコーディネイトしてくれたクムは、
やっぱりすごいな~と、改めて尊敬と感謝の気持でいっぱいになりました。

アマンダは前の週から風邪気味で咳と鼻水が出ていたので、
酷くならないように、学校も皆勤賞を狙っているので、それも
休ませることがないようにと注意を払いながらなんとか無事に終わりました。

素晴らしい経験が出来たこと、そしてまた心に残るステキな思い出が出来ました。

みんなに”ありがとう&Aloha”。
[PR]
by kohalacoast | 2012-02-03 03:43

ハワイ島のスローライフと13歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31