Iolani Luahine Hula Festival 2016 フラコンペ

今年の1月、4年ぶりにフラコンペに出場しました。

フラコンペにソロでチャレンジしてみる?とクムから打診されたのが、すでに1月の初め。

今回は、アマンダの意思に任せようと私はいっさい口出しせず、

自分で決めて良いからねと委ねてみたら、

やりたい! がんばる!というので、それから本番まで3週間、

古典フラのカヒコと現代フラのアウアナの練習がスタート。

冬休みも開けて、学校もスタートしたので宿題とフラの練習に明け暮れる

嵐のような3週間でしたが、 なんとか無事にというか、ギリギリに仕上げて、

コンペ当日の朝まで練習して、そしてその当日にソロリストは、審査員との面接もあると聞かされ、

焦る焦る。。。 踊る曲の内容の質問や、学校のことや、フラのことを色々質問されたようでしたが、

ドキドキしながら本番に臨みました。

クムが選んだくれた曲は、古典フラ(カヒコ)と現代フラ(アウアナ)ともに、

ハワイ島プナ地区を舞台にしたHi'iakaの友達のHaenaという娘のお話で、

カヒコとアウアナが連結しているようなスタイルで仕上りました。











踊り終わったあとには、クムの娘のヒヴァからも、泣きそうになるくらい感動したわ〜って

言われて、なんかとても嬉しくて、

努力の甲斐もあって、 Kaikamahine(7-12歳)部門で優勝でした。

名前を呼ばれたときは、さすがにアマンダも涙いっぱいためて、

せっかくのメイクも涙で流れて、パンダちゃんになってました(笑)。

大きな舞台でのソロパフォーマンスは相当プレッシャーだったと思うし、短い練習期間で、

本当に良く頑張ったと思います。  

超恥ずかしがりやさんで小ちゃかったアマンダが・・・と思うと感激で胸がいっぱいでした。

ひとつの目標を成し遂げて、またひとつ成長できたと思うし、

こういう素晴らしい機会をくれて指導してくださったクム カプ、アマンダのためにレフアのレイを作って

くれたり、ドレスを縫ってくれたり。そして歌を歌ってくれたヴォーカリスト、演奏してくれた

クムのお父さんアンクル ドウェインや甥っ子のカヒ、 メイクをしてくれたヒヴァ、そして

暖かく見守ってくれたアンティ アウラニ。  これだけ多くの人にサポートしてもらって踊れて、

アマンダは本当に幸せものです。



小さいころと違って、ひとつひとつの動きや指先まで心を配り、

心を込めてフラを踊れるようになってきたアマンダ。

親の私が言うのもなんですが、親だからなおさらそう感じるのだと思うけど、

こんな風に美しくフラを踊る娘をとても誇らしく、そして嬉しく思う今日この頃です。

クムからも、

"She became a beautiful hula dancer"

と言ってもらえて嬉しいかぎりです。



こちらは、
2015年メリーモナーク動画。
2列目一番右が、アマンダのクム・カプで、この曲を踊らせて頂きました。


***
[PR]
by kohalacoast | 2016-03-24 08:09

ハワイ島のスローライフと13歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31