主張

・・・なんて、堅苦しいタイトルになってますが。。。
先月の忙しないときに、こんなことがありました。

○ J○Lのファミリーカードとクレジットカードが一緒になっているカード

これで、日常品すべての買物をして、里帰りのために一生懸命マイレージを
貯めているのですが、先月締めの請求書にLate Charge(延滞料) 
$39.00が請求されていました。 支払期日は、12月7日(日曜日)、
決済された日が12月8日(月曜日)。 要は、一日送れたということで、$39.00.

11月下旬から、感謝祭、12月はホリデーシーズンなので、郵便事情を
考慮して、いつもより早めに小切手を送付したつもりでした。 実際、
同じ日に投函した、別のカード会社の支払いは、ちゃんと早めに決済
されていて問題なし。

土・日が入ったとはいえ、$39.00の請求は、絶対、納得できなかった
私は、早速電話。 この時期の郵便事情を考え早めに送ったこと、
同じ日に送った他社カードの決済は、3-4日前にちゃんと決済されている
ことを主張。 先方は、遅れたものは、一日でもダメの一点張り。
ただし、郵便事情は、お客さんの非ではないが、ダメと。

私はその言葉尻を、しっかり押さえて、客の非ではないと言っているのに
支払いだけ負担するのは、話が通らないと。 支払うということは、
こちらに非があるということではないですか?と食い下がる私。

しばらくお待ちくださいと待たされる事数分、これまで遅延もないし、
今回だけは、Waive(保留)しますということで、解決。
このやりとりは、先方も日本人(ちょっと手ごわい感じの女性)だったので、
私も、同じレベルで、ああ言われれば、こう言い返す!ということが
できたので、英語だったら、どうだったろう・・・とは思いますが、
こういう時は、やっぱり長年の社会人生活、役に立ちますね(笑)。

○ 日本でも大人気のカジュアルウェアのA&○

こちらで、約3ヶ月ほど前に、ネットでプレゼント用と自分の服を購入。
結局、自分用のはサイズが合わずに(似合わなかったのも)返品。

待てど暮らせど、リターンの返金処理がされず、年内には、なんとか
したいと思い電話。  先方は、返品した商品を受け取ってないの
一点張り。  郵便局へ行って取り扱い番号を調べて、また電話してくださいと。
普通郵便で送っているので、番号なんてないし、これまた泣き寝入り?
・・・と思ったとたん、言いたいことは、言ってやる~と思い、

そもそも、A&○社さんは、返品・返金手続きに通常での2ヶ月以上かかっている。
今回は、もう3ヶ月も経っている。 いくらなんでも時間がかかり過ぎ! 
G○P社さんなどは、返送してから約3週間でちゃんと処理してクレジットカード
の処理も迅速にしているのに・・・というと、違う会社ですから・・という返事。
それはそうだけど、それくらいのカスタマー・サービス向上させて下さい!
と激怒しながら、泣き寝入りを覚悟して電話を切りました。 今度からは、絶対、
高くついても保険付きか、書留で送り返すしかないと反省。

・・・すると、翌日、Return Confirmationという返品受領しましたという
内容のEメールが入り、返金処理には、更に2週間かかりますということ。
なんだよ、やれば出来るじゃん・・・と思い一安心。 実はこっちは、200ドル
くらいの金額だったので、かなりショックでしたが、一夜にして解決。

注文した品は1週間以内に届くのに、返品作業は、疎かっていうのは
いけないですよね。 山のような返品商品の中から、私のを必死に
探したんでしょうか? それとも、たまたまの絶妙なタイミングだっただけ
なんでしょうか・・・ でも、電話してみて良かった~。

つくづく、アメリカって、ちゃんと言わないとダメ、すべきときには、主張しないと
いけない国なんだな・・・と実感した出来事でした。  
[PR]
by kohalacoast | 2009-01-10 13:12

ハワイ島のスローライフと13歳の娘アマンダの子育て日記


by kohalacoast
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31